宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

「県外移設」誤謬:補遺

  • 私は「県外移設」要求が間違っていると断定する気はない。それが「オール沖縄」の要求だというのは誤りだということを指摘している。
  • 自明のことだが、「県外移設」ではなく日米安保破棄で基地閉鎖だというのも「オール沖縄」などではない。
  • つまるところ、「オール沖縄」など存在しないし、するはずがない。
  • それら多様な意見や考え方の中から、オール沖縄といっても差し支えない深みと厚みを持つ「県内移設を断念すること」という政府要求がなされたという事実を大切にすべきである。
  • 自民党沖縄県連は、これをなし崩しにすれば民主党沖縄ほどではないだろうが瓦解する。
  • 「県外移設」と標的を外(政府/本土)に向けている間はいいが、辺野古埋立承認手続きや諸々の判断が知事に迫られている。
  • 知事もしくは自民党沖縄県連が政府と妥協すれば、ことは知事の失職や自民党沖縄県連の瓦解ではすまない。
  • 政治的には、県議会において最大会派である自民党沖縄県連と沖縄革新勢力が共闘できる目標「県内移設を断念すること」(という政府要求)の実現一点で、暫定的にオール沖縄の「沖縄党」を結成し、日本政府に対峙する必要があるだろう。
  • 沖縄は重要な岐路に立っている。
  • 私は沖縄の「県外移設」要求に対して、自分の地域に米海兵隊基地は来て欲しくないと揶揄もしくは無関心を装う県外の人との連帯などありえないと思っている。私は「県外移設」要求が間違っていると断定する気はない。
  • しかし、昨日今日始まったことではないが、革新の凋落ぶりは痛い。保守が「県外移設」で踏ん張る状況が進行し、気付いたら取り返しのつかない地平に出そうだ。