宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

御用納め

Nakanohito沖縄は快晴。とても暖かく異常なほど(私は半そで半ズボンでいる…いま玄関に置いている温度計を見に行ったら23℃だった)。

官庁をはじめ多くのところで今日は「御用納め」だったらしい。
みなさん、今年も一年ご苦労様でした。

私は昨日、一昨日と爆睡したツケで、休めないまま大晦日に突入する。しかし、よく寝た。よっぽど疲れていたみたいだ。

ところで、当雑記の右サイド一番下に“日本地図”があるが、それは「なかのひと」というアクセス解析サービス(12月7日装着)。その解析によると訪れる人の傾向は左の画像のようになっている。

なごなぐ雑記のアクセス傾向は、男女比では男が多く、年齢層は30代後半から40代が多く40代前半が最大値を示す。だからなんだってことでもないんだけど、あまり読者傾向など意識したこともないので、あらためて私の年齢(先の旅行中に48になった)相応という感じの傾向なのかなと思う。

ところで「なかのひと」では、IPアドレスでどこの組織から来たのかがわかるのだが、それをみながら今日は少しドキドキした(笑)。

Naka私が寝込んでいるこの二日間だけで「米国海軍」から7件のアクセスがあった。

いままでもいろんな官庁、防衛や財務や総務省などからのアクセスや、創価学会地方自治体(左図で「名護イーテクノロジー」とあるのは、IPアドレスを照会すると北部広域市町村圏事務組合で、おそらく名護市役所を中心とする役所関係のイントラネットだと思う)からのアクセスがあって、勤務中とはいえネットサーフィン(死語?)して「息抜きぐらいしたいよな」などと笑っていたのだが、「米国海軍」さんはIPアドレスを照会すると在日米軍佐世保で、明らかに在日米軍であり、日本語しかない私のページをネットサーフィンで訪れるとは思えないので、これは「仕事」なんだろうなと思う。

おそらく、一昨昨日の記事「岩国についてのメモ(3)」でオシアナ基地のことなどを書いて、当該サイトにリンクなどを貼ったものだから、それで手繰ってこられたのだろうと思う。

いずれにしてもご苦労なことだ。しかし、そのパソコンを動かしている電気代が「思いやり予算」だと思うと腹立たしいことしきりだ。

ということで、みなさんお仕事ご苦労様でした。

本日が「御用納め」ということで、そうできる環境にある人は、同僚や先輩たちと一年の仕事ぶりをねぎらいながら、楽しんでお過ごしください。そうでない人たちも、それなりに一年を振り返りつつできればそれなりにゆったりとおおらかな気持ちで過ごしてください。

私はといえば、納める「御用」などないので、こつこつと穴掘りに精を出します。
来年は、「米軍再編と地方自治」をテーマに、いろいろ仕事させてもらえたらなと思っています。やりたい個別の題材はいくつかあるのだが、仕事になるかといえばなにひとつ定かではない(笑)。

それでは、みなさんよいお年を。
年末年始は、なごなぐ雑記更新も横において、残した仕事の仕上げと家族と過ごす日常に没入します。