宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

急募!明日締切、アセス意見書

Iken1明日、27日(木)が、「普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」への意見書の締切です。

「方法書」読む気もしないので、最初の数ページだけ読んで(前回の軍民共用空港のときは何度も何度も読んだので勘弁して、あまり内容変わっていないみたいだし)書きましたよ。

できるだけ大勢の人に書いて送ってもらいたいので、本日はおいらの意見書を見本に少し解説。画像をクリックすると大きくなるので、それをみてくださいね。

まず書き出しは、右肩上に日付。左側に、送付先。そしてタイトル。タイトルは

普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」への意見書

とでもしてください。そして、意見をいう自分の住所と名前。

ブログピープルのランキングに参加しています。クリック感謝。

そいでもって、次は、いよいよ意見を書く。

Iken2 意見は、長く書いてもいいし、「撤回して」の一言でもいい。

おいらの意見は「撤回しやり直せ」にしたが、「撤回し、もうあきらめろ」でもいいと思う。

おいらは意見と理由をわけて書いたが、理由を意見と一緒に書いて、わけなくても問題はない。

おいらはできるだけ一枚に収める(理由:面倒だから)ために、論点を絞り込んで短くしたが、長く書きたい人は長く書いてもぜんぜんOKだし、短く一言でもOK!

Iken3 おいらの4点の理由は

1.事業内容が不明確だからきちんとしたアセスできっこないからやめろ

2.県や市が納得・合意していない現段階で無理して進めると、アセスやりなおしなど税金の無駄遣いになるからやめろ

3.日米地位協定で、施設の運用管理権はアメリカにあり、何をどう飛ばすかもアメリカの権限なんだから、アメリカを事業者の一員にいれなければアセスにならないでしょ。だからやめろ

4.ジュゴンなど絶滅危惧種への影響が回避できない場合(明らかに回避は無理なんだけどね:)は、事業を実施しないという選択肢をもちなさい

といういたってシンプルなものである。

意見書の送付先である沖縄防衛局の住所とファックス番号は下記の通り

沖縄県那覇市前島3-25-1 沖縄防衛局(旧那覇防衛施設局
FAX:098-866-3375

できるだけ、大勢の人々が、意見書を事業者(沖縄防衛局)に寄せてくれることを願っています。

ほんとうに、環境破壊はやめてください!のひとことでもいいと思う。出さなければ後悔するぞ、きっと…脅してどうするってね(笑)。ほんとうに、すこしばかりあなたの時間と労力を割いて、苦境に立つ沖縄に力を貸してくださいm(_ _)m

---

 

ブログピープルのランキングに参加しています。クリック感謝。