宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

名護岳

050330_1339002 お昼前に目を覚まして、何気なくナングスクを歩き始めた。とてもいい天気で、気持ちがいい。
 長かった3月議会の後も、いろいろと所要があったので、疲れがぜんぜんとれずにここまできた。そんなこともあって、今日は一日、自分のわがままを許して付き合うことにした。歩みは止まらず、名護岳まで登り始めた。さすがに、何気なくとはいかない。汗を流し、途中で膝もガクガクいう。やっと到着した頂上からは、羽地内海や名護湾、東海岸はシュワブの平島や長島までしっかり見えるパノラマ。心地よい汗と疲れ。
 ナングスクの桜のさくらんぼは、赤いやつも少しはあるがまだまだ青い。青いミジムームーもあった。これからいい季節になる。さくらんぼが赤くなるころ、ともだちとまた来よう。
 青年の家まで出てゆっくりと下山する。博物館を寄ってコーヒーをご馳走になり、しばし歓談した後、ゆっくりと事務所に向かう。家を出て、5時間かけて事務所に到着。メールチェックとブログ書きだけして今日の活動を終わる。
 とっても優雅な一日。