宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

「それで何人死んだんだ」──名護市長選挙について

【それで何人死んだんだ】
米軍の基地建設を推進することになる渡具知武豊への1票を、主権者の自由な投票行動であり軽々に批難することはできない。暮らしを思い、政府に抗う喧騒に嫌気がさす思いを、全否定することはできない。

だが、これだけはわかってほしい。「それで何人死んだんだ」と言われてしまったが、ウチナンチュは、子どもから大人まで高齢者まで、これまで何人も米軍により殺された。そのことを終わらせるためには、私たちは海兵隊が沖縄に居座り続けることを拒否しなければならない。侵犯する中国があるから米軍はいてほしいと思う人もいるのは理解するが、海兵隊はなんら抑止力ではなく、沖縄で訓練している部隊でしかない。訓練であるから、通常の空港のように離発着だけするのではないというのは自明で、我々の地域社会の上空を飛び続ける。そのような軍事訓練する場所が部隊が、沖縄のように市民社会と隣接してあれば、米本国ではすぐさま軍隊が移転しなければならない。ではなぜ、沖縄ではそれができるのか、米国の法律は適用されない日本国だからだ。ではなぜ日本国ではそれができるのか、米軍だから日本国航空法や空港法も適用除外だからだ。まちがいなく、それが沖縄の現状である。日米の軍事植民地だと言われる所以でもある。
こんな状態で、辺野古新基地を認めてしまって、まともな暮らしが営める地域社会が、自治体運営ができるわけはない。
「それで何人死んだんだ」と言われてしまったが、政府自民党、国会の代議士の大半にはウチナンチュの犠牲はみえない。同時に、沖縄にある米軍基地から出撃していった殺戮の犠牲者たちはみえるはずがない。
「それで何人死んだんだ」は幾重にも酷く、この国の政治家の腐った心性をあらわにしている。
渡具知武豊への1票は、そのことを全部不問に伏して、基地を造らせる。明日の犠牲者を、あなたの1票がつくる。そのことであなたを批難しようと思ってるわけではない。ただただ事実として、そこにつながっていくということだけ。沖縄はいつまで、こんな状態を続けなければいけないのかね。一緒に考えたい。

f:id:nagonagu:20180202092641p:plain

-------

Facebookに2月1日深夜に投稿したものをここにも置いておく