宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

[記録]翁長/安倍会談の翁長冒頭発言

4月17日に首相官邸で行われた翁長沖縄県知事と安倍首相の初会談。記者に公開した冒頭発言が、当初の予定では翁長・安倍の順序だったのが当日の朝官邸スタッフにより安倍首相が先に変更され、翁長県知事の冒頭発言中に予定時間に達していないにも関わらず記者が退室させられた。ほんとうにひどい安倍首相らしい官邸の対応。

記録のため琉球新報(4月18日6面)に掲載された冒頭発言全文をこちらに転載。ニュースのリンクも貼っておく。

ryukyushimpo.jp

翁長沖縄県知事、冒頭発言全文

 昨年12月に沖縄県知事に就任した翁長雄志です。よろしくお願いします。安倍内閣総理大臣におかれては、ご多忙の中、このような時間を取っていただいて心から感謝申し上げる。基地問題が非常に大きな課題になってくるので、きょうは普天間飛行場辺野古移設について話したいと思っている。

 総理も官房長官も16年前、当時の稲嶺(恵一)知事と岸本(建男)名護市長が辺野古基地を受け入れたと言っている。しかし、稲嶺知事は代替施設は軍民共用施設として、そして米軍の施設の使用については15年の期限を設けることを条件にして受け入れた。それから岸本名護市長は日米地位協定の改善や施設の使用期限、基地使用協定等の前提条件が必要で、そうでなければ容認は撤回すると言っていた。

 当時の政府は平成11年12月、稲嶺知事と岸本市長の要請を重く受け止め、米国政府と話し合う旨、閣議決定を行っている。しかし、その閣議決定は平成18年に沖縄県と十分な協議がないまま廃止された。前提条件がなくなることになるので、16年前に知事や市長が受け入れたというのは私の認識としては間違いだと思っている。

 そして、政府は今、普天間飛行場の県外移設という公約を、失礼かもしないが、かなぐり捨てた前知事が埋め立てを承認したことを錦の御旗として辺野古移設を進めている。昨年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙は前知事の埋め立て承認が争点になった。全ての選挙で、辺野古新基地反対という圧倒的な民意が示された。

 沖縄は自ら基地を提供したことは一度もない。普天間飛行場もそれ以外の基地も戦後、県民が収容所に収容されている間に接収され、または居住場所等をはじめ、銃剣とブルドーザーで強制接収され、基地建設が保たれている。

 自ら土地を奪っておきながら、老朽化したから、世界一危険だから、沖縄が負担しろ。嫌なら代替案を出せと言われる。こんな理不尽なことはないと思う。

(報道陣、退室を求められる)

 安倍総理が2度目の政権を担ったとき「日本を取り戻す」という言葉があった。私はとっさに、そこに沖縄が入っているだろうかと思った。「戦後レジームからの脱却」とも言っていたが、沖縄に関しては「戦後レジームの死守」をしているかのようだ。

 安倍総理に聞きたい。ラムズフェルド国防長官が12年前、普天間基地は世界一危険な基地だと発言し、菅官房長官普天間の危険除去のために辺野古が唯一の解決策と言っている。辺野古基地ができない場合、本当に普天間基地は固定化されるのか、聞かせてもらいたい。

 普天間飛行場の5年以内の運用停止について、仲井真前知事は県民に対し「一国の総理、官房長官を含め政府としてしっかりやると言っている。それが最高の担保だ」と説明していた。今日までの状況を見ると、5年以内の運用停止は辺野古埋め立て承認というハードルを越えるための空手形ではないかと危惧している。総理自身から5年以内の運用停止を約束できるか聞きたい。

 沖縄にある米軍基地や米国政府の責任者から、辺野古の問題は日本の国内問題だとよく言われる。米軍基地の運用について日本政府がほとんど口を挟めないことを、われわれ県民はよく知っている。辺野古の問題についても、県民からは実感として県民と米軍、県民とアメリカ政府との問題とも思える。だから、私も近いうちに訪米し、県民の思いを米国政府、シンクタンク等さまざまな方々に訴えようと思っている。

 このまま政府が地元県民の理解を得ることなしに、辺野古埋め立てを強行するようであれば、私は絶対に辺野古への新基地を造らせないということをあらためて申し上げたい。

 安倍総理には、かたくなな固定観念に縛られず、まずは辺野古への移設作業を中止することを決断し、沖縄の基地固定化の解決促進を図ることを期待している。

 訪米した際には、オバマ大統領に沖縄県知事はじめ県民は辺野古移設計画に明確に反対していることを伝えてもらいたい。よろしくお願いします。

(報道陣退室以降の発言は県配布の知事発言骨子を基にした)