読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

緊急のお願い

翁長沖縄県知事にmailやお便りを出しましょう。

 

沖縄県として「海上作業中断」を政府に働きかけてください

 

辺野古・大浦湾の海上では、海上保安庁が大量の頑強なゴムボートと屈強な海上保安官らを出動させ、カヌーと小型の動力船で抗議行動をする市民県民に暴力的な排除行為を行っています。沖合には10数隻の巡視船が停泊しています。

 

海上行動を繰り広げる市民県民は、不屈の精神で体力の限界を超えて非暴力で抗議の意思を示し続けています。このままでは、「不測の事態」が起こる蓋然性高く、異常事態をどうにか中断させなければなりません。

 

県知事選挙・衆院選挙と辺野古新基地建設反対の意思を示し続けている沖縄県民の意思を無視して、工事を強行する政府の横暴は許されるものではありません。新基地建設に反対し当選した翁長県知事に、沖縄県としてこの異常事態に対してなんらかの声明を発してもらわなければなりません。

 

翁長県政はスタートしたばかりで、まだ各部局や担当職員に、県知事の指示や方針が行き渡り、事態に対して速やかに行動する用意ができていないのかもしれません。しかし、事態は急を要するのは火を見るより明らかです。できるだけ大勢の市民県民の声が届けられることで、県庁としても事態の重要さを認識し火急な行為につながるはずです。つなげなければなりません。

 

海上行動のカヌーや船団の仲間は、細心の注意を払い安全第一で行動していますが、海上保安庁の排除行動は暴力的で骨折やケガなどの被害は後を絶ちません。場所が海上ということもあり、現状のまま推移すれば生命が危険です。

 

FacebookTwitterやブログなどを通じての辺野古現地からの発信に心を痛め、どうにか基地建設を止めたいと考えているみなさん。辺野古新基地建設についての判断は県知事とも違うが政府の強行で市民県民の生命が脅かされる事態は回避されなければならないと考えているみなさん。どうか、それぞれの考えを、思いを、県知事宛に送信してください。「沖縄県として「海上作業中断」を政府に働きかけてください」の一言、一行でも構わないと思います。よろしくお願いします。

 

県知事への意見宛先の

mailアドレスは、kouhou@pref.okinawa.lg.jp

FAX番号は、098-866-2467

はがきや封書などの住所は、〒900-8570(郵便番号だけでも届きます。)沖縄県那覇市泉崎1-2-2

 

いずれも「知事公室 広報交流課 「知事へのたより」 宛」です。

 

http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/chijiko/kohokoryu/kense/chiji/tayori.html

県庁のホームページには上記情報と、メールアドレスのリンクがあります。お使いのパソコンの設定にもよりますが、クリックするだけでメーラーが立ち上がるので、送信は簡単です。

 

現在の辺野古現地での海上の様子は、下記二つのブログを参照してください。


今、翁長知事が何よりも急ぐべきこと---「仮設桟橋」造成強行を許してはならない - チョイさんの沖縄日記

 


市民の命を危険にさらして新基地建設強行を支える海上保安庁 - 海鳴りの島から