読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

沖縄にも内務省はRAAを作ったと、橋下は歴史を創造する。

橋下が「慰霊の日」に沖縄に来て、招待もされていないのに警備上の都合とやらで招待席に座っていたことは既に触れた。その後、下地幹郎らのグループが主催する講演会で何やらしゃべったらしいことが報道されていたが、琉球朝日放送のニュース動画でその中身を知り、私は愕然とした。

*

2013624hasi

2013年6月24日 18時45分
橋下代表 「他国の歴史の指摘も必要」(琉球朝日放送
http://www.qab.co.jp/news/2013062444217.html

-

橋下代表「(当時内務省は)特殊慰安施設協会を作って沖縄にも置いた。沖縄県民の女性がその多くの女性や子供たちを守るために、まあある意味防波堤みたいな形になってそこで食い止めてくれる。(略)それを米軍が利用していたことも事実。」

-

*

特殊慰安施設協会wikipedia.
http://bit.ly/fccFRk

-

橋下代表は特殊慰安施設協会(いわゆるRAA)が、沖縄にも作られたと堂々と述べているが、彼は沖縄の歴史も何も知らないのではないか?

橋下代表に対して、私はツイッターで下記のようにメンションを送った。返事はまだない。

-

@t_ishin さん、沖縄の特殊慰安施設協会(RAA)はいつどこにあったの?
本土のRAAは1945年8月に設置され、46年1月に廃止。沖縄は1945年9月7日にやっと日本軍 が降伏文書に調印、4か月後の46年1月にGHQ覚書で日本から分離。その間、多くの住民は収容所暮らし。

posted at 23:13:11

-

橋下代表は持論を展開したいがためにいい加減なことを述べているとしか思えないが、このような説が可能だと思い込んだのも、6.23「慰霊の日」(牛島司令官の自決の日)で沖縄戦が終了したと通俗的に勘違いし、であるから大日本帝国が8月降伏直後に進駐軍用に設置したRAAが、沖縄でも設置できた(設置された)はずだと考えたのではないか。

ほんとうにバカな男だとおもう。このような人間を、政治家にした有権者は猛省すべき。

*

以下は、憤懣やるかたない思いでつぶやいた昨夜の私のツイートである。ここに採録しておく。特に足すことも引くこともない。RAAについては、橋下代表の完全な錯誤だと思うが、米兵の性犯罪と民衆の困窮と犠牲と差別は、橋下代表のような下種な言論ではなく、我々が考えなければならない大きな問題として在り続ける。1945年からずっと地続きで、今日まで米軍が沖縄に居座り続けている。米軍が土地を強奪し造った普天間基地を、返還するから県内に基地を造らせろ、それが「負担軽減だ」とまで迫られている。十数年も拒否し続けているのに未だなお。

-

橋下の沖縄RAA話は、沖縄の歴史に関して無知。本土は8月に降伏後進駐軍が来るが、沖縄は沖縄戦から地続きで米軍がいて住民は殺されるか収容所。6月に司令官が死んでも戦闘は続き、9月7日にやっと降伏文書調印。翌年1月にはGHQ覚書で日本から分離-。日本内務省がRAAを作れる隙はない。(続

posted at 23:54:02

米軍支配下にある沖縄に、日本内務省が自国では既に批判を受け廃止したRAAを作るとは考えられない。橋下はただただ女性が「防波堤」という持論を展開したいために喋るだけ。彼には沖縄の歴史や事実などどうでもいい。これを「慰霊の日」に沖縄に来て喋る。幾重にも酷い行為であるのは論を待たない。

posted at 00:05:34

6月23日の司令官の死で沖縄戦は終結しない。戦闘は続き、公式に終了したのは大日本帝国の降伏より遅く、9月7日。日本ではすでにRAAが作られているが、沖縄はそれどころじゃない状態。ほとんどの住民は収容所。収容所から出されたら日本から分離、米軍支配。そして今日に至る。橋下のクソバカ。

posted at 00:14:24

-

*

【補遺】

沖縄の歴史に関する重大な錯誤であり、できれば報道にあたって、沖縄のジャーナリストには事実関係の確認、指摘をしてもらいたかった。

*******