読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

振興を得るためにも、引き受けるべきは「基地」ではない

 1997年12月21日を忘れたことはない。起点であり終点となるべき、私にとって名護のまちづくりの基点である。

 経済振興を渇望する気持ちを制して、名護市民は基地建設反対の意思を明確にしたが、それを踏みにじり比嘉鉄也氏が首相官邸で基地受入れと市長辞職を表明した。1997年12月24日のことである。あれから名護市民は引き裂かれ、市政は混乱し続けてきた。

0118 たくさんのハコモノを、手柄として見せびらかす市長候補のパンフレットをみていると、1997年の「活性化促進市民の会」の方々の大きな看板やチラシとイメージがフラッシュする。市民投票で多数にはなれなかった彼ら彼女らが描いた「夢」を、実現したぞと誇示しているようだ。

Nagoj11 しかし、その「夢」は捏造され誇張され操作されている。現実は、中心市街地の空き店舗率、土建業の倒産件数、失業率、すべてが増加/悪化の一途である。惨憺たる現実。「夢」は、看板に偽りありである。

 人々が欲したのはハコモノではなく、地域経済の活性化であり生活の安寧であった。そのささやかな欲望を捉え、「夢」を描いてみせ権力を手中にし続けたのが、比嘉鉄也氏たちがこの12年余やってきたことである。

Nagoj12_2  日本国も財政的には厳しい状況下にあり、小泉改革の最中にもSACO関連経費だけは聖域のごとく扱われてきたが、それもままならず米軍再編においては再編交付金などの制度が創設されている。ましてや政権交代がなされた現在、比嘉鉄也氏が言う「基地は引き受けるが、条件は言う。それはヤンバルの振興策だ。名護はヤンバルの中心として栄える琉球新報2010.1.14)などという手法が通用する時代ではない。

Nagoj14_2 地域振興は基地建設などとリンクさせず、その本質的なところで議論を起こして税金を注ぎ込む価値についての説明責任と費用対効果という考え方を持つしかない。そのあたりまえのことが、無視され「政治」でどうにかされていたのが自公政権時代だろうが、時代は変わった。

 比嘉鉄也氏の言い分を聞いていると「基地を引き受けなければヤンバルの振興策はないのか?」という疑問を抱く。鉄也氏だって、「ヤンバルは基地の捨て場ではない」と怒っていた時期もあったのに、この12年余はそこを麻痺させる。

 県土の均衡ある発展のための「ヤンバルの振興」とそのための拠点都市としての名護市という役割は厳然として現在でもある。中南部都市圏の過密さは異常でありどうにかしなければならない。沖縄県および日本政府は、まちがいなく1972年以来の振興計画体制の結果であるその課題解決のために施策を講じていかなければならないし、その方向に向かって動き始めている。そのための公共交通機関の整備、人口移動の受け皿として職住等の環境整備は必須である。名護市が引き受けるべきは、米軍基地ではなく、沖縄本島の過密と過疎の行過ぎたアンバランスを調整していくための役割である。比嘉鉄也氏たちにはここいらへんで退場していただいて、そこに向かってしっかりと「まちづくり」をしていかなければならない。

[E:sun]

Nagoj28  市民投票のころ、私は基地反対について(それはあまりにも自明のことだったので)ではなく、「まちづくり」について(主に女性たちと)よくおしゃべりしていた。とても楽しかった。賛成派反対派で二分されたが、みんな同じ名護で生きる市民だ、市民投票が終われば生活者として共に「まちづくり」をしていけると思った。しかし、投票結果は出たが比嘉鉄也氏たちによって裏切られ我々は二分されたまま傷ついた。泣き言は言うまい。これも私たち有権者の投票行動の結果によるものである。

 1月24日投開票の名護市長選挙で、実態のある「ノーサイド」が訪れることを私は心の底より祈っている。比嘉鉄也氏たちも必死だろう、新基地建設に反対する側、現市政の歪みを正したい側に必要なのは、比嘉鉄也氏たちの必死さを凌駕する必死さでしかない。

 日本政府はまだ辺野古を断念しているわけではない。だれが市長になっても、そのレベルに関しては相当な覚悟でしっかりと政府と相対しなければならない。市民を守る力強いリーダーシップが求められている。

 名護市長選挙。今日から期日前投票という毎日が投票日がはじまっている。

※市民投票時の画像は、現在は活動を休止しているようですが「自然環境フォーラム an online NGO」内の「名護市・住民投票の風景/写真篇」から転載しました。

[E:end]

仕事の都合で、朝から那覇新都心をうろちょろしていたが、今晩はコザ市。明後日はまた那覇。今週はなんだかあわただしい。移動しながら、市長選の考えるべき論点や問題点に思いをめぐらせている。事故らないように注意しよ。^^