宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

喝采

1972年に沖縄の施政権はアメリカから日本国へ返還された。腐るほどの密約に飾られて。
中学生のオレは、ちあきなおみの歌にほれていた。
黒い縁取りがついていたんだ。先輩たちは気付くべきだった。
米軍基地の自由使用で沖縄化され、わけのわからんアメリカンドリームの勝組を妄想し、累々と横たわる死屍にみんながはいる今日を。

とりかえしはつくだろうか。とりかえそうと本気で思うだろうかこの人たちは。なんにもわかっていないんじゃないだろうか。私たちは気付くだろうか、かたわらにいる人のまごころを。気付いたときに、どこにいるかはわからない。