宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

歴史教科書問題、国会よ動け!

ただいまでございます。
人間、地道な普段の生活を大切にしなければなりません。書けない書けないと逃げ回っていても、いつかはやらなければならないのだから、とにかく地道にコツコツ歩いていくことです。…ウ、ウ、ウ~(泣)
小学生のころからほんとうにあまり変わっていない。今回は、夏休みが終わって新学期がスタートして、先生に一週間だけ宿題提出に猶予をもらって、その日が来たけどできていないので、泣きながら学校の宿直室に一週間ほど泊まって、やっと終わった感じかな。…疲れた。5万字をどうにか、出し終えた。へとへとになった。あぁ、反省。これからはこころ入れ替え地道に生きます。

もう国会での決議なども無理なのか、こいつらほんとうに腑抜けだなぁと思っていたら、今朝の琉球新報民主党が少し本腰入れて動き出しそうな気配が出ていた。なぜか知らないけど、新報さんのウェブ版では記事が出ていないので、紹介しておきます。

小沢一郎民主党代表 おかしな検定だという認識は党内で一致している。文科省は審議会を隠れ蓑にしている。政府や文科省に対し、しっかりと闘っていく。
                           (琉球新報10月17日朝刊2面)

続きは

  1. 新報1面の同問題に対する民主党に関する記事転載。(ウェブ版には掲載されていない)
  2. おすすめブログエントリー、などなど

ブログピープルのランキングに参加しています。クリック感謝。

--

検定「変えたほうがいい」
安倍前内閣関与と批判

【東京】高校歴史教科書の「集団自決」検定問題で、民主党小沢一郎代表は十六日午後の記者会見で「日本軍の強制・強要」の記述を削除した検定意見につい て「内閣の考え方が反映された」と批判した。その上で「仕組みを変えた方がいい」などと述べ、教科書検定制度の見直しにも言及した。
小沢代表は「(教科書検定は)教科用図書検定調査審議会(による決定)の形をとっているが、自公政権の考え方であることは間違いがない」と批判し、「(政府が)責任を回避する仕組みになっている」と述べ、教科書検定を含めた審議会制度の弊害を指摘した。
小沢代表はこの日午前、「集団自決」検定問題をめぐる国会決議で、党内で一部反発があることに対し、結束して実現を図るよう川内博史衆院議員に指示した。教科書検定意見撤回を求める県民大会実行委員会の要請の後、川内議員が明らかにした。これまで決議の動向を静観していた小沢代表が、前向きな発言をするのは初めて。
小沢代表は要請団を迎える前の党内協議で国会決議に触れ、川内議員に「(意見が割れている)党内を説得してまとめてこい」と指示した。
決議をめぐっては民主党が一時、与野党に働き掛けていたが、党内の一部議員が「政治介入すべきでない」と反対。同党の西岡武夫参院議運委員長も「全会一致が望ましい」と否定的な発言をするなど、議論は棚上げの状況にあった。
民主党の国会決議案は①審議会での再検討②省令で定める教科用図書検定規則など検定手続きの見直し-を求めている。

                            (琉球新報10月17日朝刊1面)

小沢氏の直接のコメントじゃなく川内博史衆院議員が明かした、というところがちょっと不安だけど、この問題での川内議員の仕事はなごなぐでも春からずっと注目している。民主党ががんばって、共産党社民党と共闘すれば道は拓ける。公明党はこの手の問題で、自民党にくっついていることを潔しとはできないだろうから、政権へのいい揺さぶりにもなる。
以前にも書いたが、歴史教育に政治介入したのは文科省であり自民党。それを正す国会の動きを政治介入とする発言こそが、明らかに政治的プロパガンダであり詭弁レトリック。
民主党内には極右ネオコンもいるから、いろいろあるだろうが、ここは踏ん張ってほしい。

----

県民大会の報道写真の人数を数えているバカがいるのは、うわさでは耳目にしていたが、ほんとうにまだやっているよ、というのを教えてくれるのは、《13日の水曜日》のエントリー。

産経&歴史議連&日本会議の共同作業

歴史的事実に向き合う人間としての基本的態度について教えてくれているのは、《村野瀬玲奈の秘書課広報室》のエントリー。

戦争での加害側を免罪しようとする思考におちいらないために (沖縄戦の強制自決問題と従軍慰安婦問題をめぐって)

《美しい壺日記》の、同問題に関する一連のエントリーは、ぜひ御一読をお薦めします。

[沖縄戦]「教科書改善の会」に新しい動き


しかし、トラックバックが不調。上記三つのエントリーに何度送信しても行かない。
スコブル面白くない…

---

最後まで読んでいただきありがとうございます。
一週間近くもブログ更新から離れていましたが、これから、まだボチボチとマイペースで情報発信に努めていきますので、よろしくお願いします。

ブログピープルのランキングに参加しています。クリック感謝。

--