宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

退場!マスゾエ(ねずみ男)厚労相

Masuzoe枡添の自治体の首長たちへの発言は、暴言どころではない。いますぐ閣僚をクビにすべきだ。憲法に位置付けられた地方自治もわかっていない。戦前の国が任命した首長ぐらいに思っているんだろう。国民の命にかかわる厚労相をさせておくなどもってのほかだ。

当該記事を紹介してくださっている“今日の喜怒哀楽”さんのエントリーから、日刊スポーツの記事を孫引きする。

舛添要一厚労相(58)が国民年金保険料の着服問題をめぐり「市町村は(社会保険庁より)もっと信用ならない」と発言し、一部市長が反発している問題で、舛添氏が3日、「『バカ市長』と言われるのはいやでしょうから『小人』と言った」と発言し、火に油を注いだ。

 舛添氏はこの日朝、大臣就任前から日課として続けているゴミ出し時に、報道陣から「(一部市長の抗議は)小人のざれ言」とした2日の会見での発言について問われ「ちょっと江戸の言葉使っただけ。文句言うなら、地方交付税をもらわないで言いなさいと話した。

 これに対し、鳥取県内には着服は1度もなかったとして抗議している鳥取県倉吉市 の長谷川稔市長(60)は「『バカ市長』の言葉にいちいち反論したら、本筋の年金の問題がぼける」と反論は控えたが「地方交付税の話は、見過ごせない。大 臣の発言として不適切。内閣の一員として適正な人事とは言えない」と踏み込んだ。鳥取県町村会も「上から見下した発言で市町村を愚弄(ぐろう)するもの だ」と抗議文を舛添氏らに速達で送付した。

 舛添氏は同日夜、「もともと、着服がなくて当然なんだから、全国に声をあげていばることじゃない」とさらに切り返し、その上で「言葉尻をとらえてバカな市長だなと思うから言ったが、言葉が気に入らないなら『ごめん』くらい言うけどね」と話した。
Asita[2007年10月4日7時38分 日刊スポーツ]

少しパソコンを見つめすぎてグロッキー気味。目が覚めて、余力があれば追記してアップします。

Gif_animation_jo