宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

Tom Traubert's Blues

今日は、家族を空港まで送り、名護に戻ってから友人と待ち合わせて、長く有意義な話をした。
なんか、遠出をしたり人と会って話しただけでいっぱいになって、ほぼ日課になっている“原稿”との格闘を、早々とあきらめた。

テロ特措法の給油問題は、底なしのでたらめさを露呈している。憲法違反もはなはだしい。元外務省役人かなんかしらんが、九条がどうこうと選挙をしたらしい人が、ブログで馬脚を出しているのは痛ましい。

沖縄で問題になっている米軍司令官の発言や、集団強制死の教科書問題など、なかなかマスメディアに載らないことを、“なごなぐ”では意識的に発信していかないければならないなぁ、とも思っている。マスを補完するメディアになる気はさらさらないのは、いわずもがなだけどね。

いずれにしても、今日は疲れたので、トム・ウェイツでも聴きながら、少し泣きそうな気分を抑えながらゆっくり休むことにする。

Tom Traubert's Blues
(Tom Waits 1976)

Wasted and wounded, it ain't what the moon did
Got what I paid for now
See ya tomorrow, hey Frank can I borrow
A couple of bucks from you?
To go waltzing Matilda, waltzing Matilda
You'll go a waltzing Matilda with me

I'm an innocent victim of a blinded alley
And tired of all these soldiers here
No one speaks English and everything's broken
And my Stacys are soaking wet
To go waltzing Matilda, waltzing Matilda
You'll go a waltzing Matilda with me

Now the dogs are barking and the taxi cab's parking
A lot they can do for me
I begged you to stab me, you tore my shirt open
And I'm down on my knees tonight
Old Bushmill's I staggered, you buried the dagger
Your silhouette window light
To go waltzing Matilda, waltzing Matilda
You'll go a waltzing Matilda with me

Now I lost my Saint Christopher now that I've kissed her
And the one-armed bandit knows
And the maverick Chinaman and the cold-blooded signs
And the girls down by the strip-tease shows
Go, waltzing Matilda, waltzing Matilda
You'll go a waltzing Matilda with me

No, I don't want your sympathy
The fugitives say that the streets aren't for dreaming now
Manslaughter dragnets and the ghosts that sell memories
They want a piece of the action anyhow
Go, waltzing Matilda, waltzing Matilda
You'll go a waltzing Matilda with me

And you can ask any sailor and the keys from the jailor
And the old men in wheelchairs know
That Matilda's the defendant, she killed about a hundred
And she follows wherever you may go
Waltzing Matilda, waltzing Matilda
You'll go a waltzing Matilda with me

And it's a battered old suitcase to a hotel someplace
And a wound that will never heal
No prima donna, the perfume is on
An old shirt that is stained with blood and whiskey
And goodnight to the street sweepers
The night watchman flame keepers and goodnight to Matilda too

--

トム・ウェイツはWaltzing Matildaをオーストラリアの愛唱歌からとったそうです

ネット上でみつけたオーストラリアの愛唱歌Waltzing Matildaの説明を紹介します。

ところで踊るマティルダwaltzing Matildaとは何でしょう。
元はドイツ系移民からでた表現だと言われています。
ドイツ語でWalzeは古語で職人の遍歴の旅を意味していました。
動詞のwalzenは遍歴の旅をするの他にワルツを踊るという意味もあります。
遍歴の旅をするもワルツを踊るもともに「回る。転がる」を語源とする言葉です。
Matildaという女性の名は、ドイツ語では"Mathilde" または"Mechthild"で古いドイツ語で
maht = Macht (力)+ hilta = Kampf (戦い)に由来します。ヨーロッパの30年戦争(1618年から1648年)のとき兵士に付き添う力強い女性たちの意味に使われ、後には夜を暖かく過ごす毛布の意味になったといわれています。
このような経緯からオーストラリアではwaltzing Matildaはあちこちを転々として職を探す主に羊の毛を刈る労働者の持つ毛布ひいては職を探す旅そのものをさすようになりました。
 
歌詞はAndrew Barton (Banjo) Patterson [1864-1941] が1895年にふとしたことから耳にしたイギリス近衛兵行進曲の旋律を気に入り、前の年にあった牧場労働者のストライキやその時の羊の殺害、警官に追われ た容疑者の自殺などを元に 作詞したものです。曲は瞬く間に人気となり、「Advance Australia Fair」や「God save the Queen」とともに国歌の地位を争うようになりました。1984年になってようやく「Advance Australia Fair」が国歌に正式に認 定されましたが、今でもwaltzing Matildaはオーストラリア国民に大変愛されています。
http://www.ne.jp/asahi/minako/watanabe/matiljp.htm

トム・ウェイツの詩のWaltzing Matildaは
仕事を求め放浪するWaltzing Matildaであったり
都市のバックパッカーのMatildaであったりするような気がします

いずれにしても
歌詞を知らなくても
心を打つすてきな歌です
私には

そして歌詞を知ると
さらに

 

 

--

And goodnight to the street sweepers
The night watchman flame keepers
and goodnight to Matilda too

おやすみ、街路掃除人、夜間警備員、火の見張り番
そしてマチルダ