宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

影との戦い:テロ特措法を考える

Koike0822本日は徹夜明け。昼前だがこれから寝る。寝る前に、気になっていることをメモとしてブログに書き付けておく。

アベシンゾーが「職を賭す」とまでいっている、自衛隊によるインド洋での無料ガソリンスタンド。

アメリカへの給油の大部分が、テロ特措法が規定するアフガンでのテロ掃討作戦支援ですらなくイラクでの軍事作戦への貢献であるらしい。もともと海の上で、厳密な線引きが難しいかもしれないが、あまりにもむちゃくちゃな話である。

ちょびっとだけ防衛相であったスシ婆ぁが、8月22日にパキスタンを訪問して、ムシャラフ大統領から「日本の無料給油がなければアメリカの作戦への参加継続は難しい」という言質をもらった(左写真)。日本政府としては、無料ガソリンスタンドの顧客の声を伝えて、貢献の成果と継続の必要性を訴求したかったのだろうが、あまり大きく報道されることはなかった。

「自衛隊の活動が不可欠」パキスタン大統領、テロ特措法延長を要請産経新聞=2007.0823)

テロ特措法とはなんぞや?アベシンゾーは、なにを「国際公約」などとのたまって、国民の審判は無視するくせに「職を賭す」とまでいっているのか。

現在のパキスタンはクーデターで国家権力を掴んだ軍事独裁政権である。

いま現在でも国際的な人権団体からは反体制派の弾圧をやめるよう警告を発せられ続けている。残念ながらどこかでみたことのある資料をここで明示できないが、近年の自衛隊の無料ガソリン供給実績をみると、パキスタンが最大顧客である。日本は軍事独裁政権の軍艦に無料でガソリンを供給する軍事独裁支援国家である。

日本国が自由と民主主義を価値とする国なら、軍事独裁政権国家の軍艦への無料ガソリン供給などやめて、自衛隊はインド洋から今すぐ戻ってくるべきだ。

江田けんじという国会議員の方が、インド洋上での日本の無料ガソリンスタンドの実態をテレビの雑談番組で指摘している。

「晴天とら日和」のとらちゃんが、大事な部分を全部テキストに起こしている(とらちゃん、ごくろうさまです)ので、そちらで一読あれ。

アフガンではなくほとんどがイラク攻撃支援(晴天とら日和)

日米安全保障条約体制が、いつのまに「日米同盟」などと当たり前のごとくいわれるようになったのか。1996年ごろ、沖縄の米軍基地が大問題としてマスコミで報じられていたとき、私たちが市民投票でのたうちまわりながら言葉を探していたとき、朝日の船橋洋一氏が『同盟漂流』を出版しただけで、私自身にも「同盟」という言葉に違和感はあった。同盟とは明らかに攻守同盟であり、軍事同盟。そのような常識があるから、歴代政府は日米関係を同盟と呼称することに慎重であった。あるとき、何かが壊れた。

ずるずる、ずるずるこの10年の間に、原理原則がずらされ、ここまで来てしまっている。言葉のもつ意味や内容などは、コイズミ以来、どうでもいい空疎なものにされて、現実だけが暴力的なチカラだけがそこにある。

日本国憲法日米安全保障条約。その二つの矛盾の影は沖縄を覆い尽くしていた。その影が、この国をすっぽりと包もうとしている。護憲運動が、護憲勢力が、いまいち守旧派のごとく思われ伸びないのは、この「影」の部分をみないことにしている。「影」の部分を絶対悪として思考から排除しているからではないか。

影との戦い」は、なにもゲド戦記における若きゲドのみの問題ではない。ずるずると政府解釈で「集団的自衛権」を行使しうる国家になることは、影の勝利でしかない、そしてそれは目の前に迫っている。

などとやたら脱線したが、「テロとの戦い」などを金科玉条にして、アメリカにならどこまでもついていくみたいな国策のありかたはやめさせよう。私はアメリカこそが最大のテロ国家であり、アメリカが提唱する独善的な「テロとの戦い」は、テロを拡大深化させるだけの愚策だと思っている。アメリカは自国に向かってくる可能性のある連中を国を無差別に「テロ」と断定し、それを排除することだけを考えている。そのためには軍事独裁政権だろうとなんだとうと利用するものは利用するし、日本国はそのアメリカのための無制限のキャッシュ・ディスペンサー(ガソリンだって金である)である。ガバン・マコーマック氏は、日本国をアメリカに対する顧客国家(クライアントステート)と呼称している。

今国会での「テロ特措法」の議論が、具体的な事実や理念に基づくビジョンを示す論戦になることを願っている。アベシンゾーに職を賭させるだけでなく、自公が政権を賭すべき問題だと思う。

---

「家族団らん法」とかのたまっているアフォがいるね。経営者側がコストカットに利するよう制度悪用するのは目に見えているし、産業革命以来の資本主義の常識だろう。過労死だって自己責任だと言ってのける連中だぞ、家族団らん・少子化対策…アフォも休み休みいえ、バ~カ。

ということで、もう寝ます。おやすみなさい。