宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

さらば、スシ婆!あんたはKY女王だ。

Musekininなんちゅうか、思っていた通りのアフォーなスシ婆ぁぶりでごじゃる。
昨日は、なかなかケンカ上手で恐ろしいかと思ったけど、これはいくらなんでもやりすぎ。
泥舟から逃げる逃げ足の速さと、小沢民主党に気取りまくってケンカふっかけ、リングに上がる前のこのとんずらは、あまりにも情けない腰砕けぶり。
もう、この女の政治生命は終わったっしょ。これでKYアベシンゾーが、この女を内閣改造外務大臣にでも抜擢してくれたら、地球上が大笑いしてくれると思うけど、そこまで芸はないだろうな。
しかし、こんなマダァムを防衛大臣にしたアベシンゾーは、もう内閣改造など止めて、秋の国会前に解散総選挙すればいいのに。そうすれば、テロ特措法もなにもかも悩まないですむじゃん。案外、そんなことはもう考えていたりして、だから会期決まるの遅かったのかも。

スシ婆が辞める理由は三つしかない。

  1. 民主党・小沢代表を小バカにしたので、次の国会は重要法案を抱えたいへんなことになる。
  2. 安倍内閣はどうせ泥舟だから、これ以上乗っていると、ただでさえ危ない我が身が安倍と共に政治生命を失ってしまう。
  3. 内閣改造で切られるだろうから、自分から「辞める」って言ったほうが、辞めさせられるわけではないから、カッコいい。

表向きの理由は、どうとでもなるが、ここは次官問題で起こった火種を理由にしよう。ということで、守屋を切る理由にしていた「情報漏えい」の責任を、守屋はとらなかったけど、私はとったという形にする。私ってば、カッコいい。スシ婆的には、ここで生き残って、次のステージを考えているのかもしれない。しかし、今回は、あまりにもイタイ。辞める理由と背景と辞めなければ起こることは、みんながわかっている。

こいつは、就任早々、アメリカに渡り、ジャパニーズ・ライス=マダァム・スシなどと、痴態の限りをさらして、アメリカで偉い名誉白人にでもなった気になって、日本国の野党第一党の党首を「時計が止まっている」などと小バカにして、すべてを放り出して逃げる、大バカな無責任女でしかない。

沖縄に対しても、埋立て拡大利権を頑なに追求し続ける、意地汚い恥知らずの名護市のブヒ市長や県知事らにいい顔して、守屋の首を切って落としてみせても、そのあとどうするのか政治的ビジョンなどあるわけはない。

すべてが、中身の薄っぺらい、パフォーマンスでしかなかった。
アメリカに日本を売り渡す日本のネオコン政治家など、こんなものだ。小泉―安倍と続いた流れの本質などこんなもの。

こんな卑しい連中に、沖縄は虐げられ、苦しめられ、乞食同然の支配層までつくりだし、幾重にも身を虚しくさせられ続けている。

あぁ、少し愚痴、いやだいやだいやだ、しかし、しかし、しかし、う~ん、もう終わりだよね。このスシ婆ぁの今回の「私は辞めると言っているのよ」は、あまりにもKY過ぎて、もう表舞台では仕事させられないでしょ。なにもの?なにをしたのこのひと?

ということで、恐ろしい「妖怪・スシ婆」の落書きまで用意していたけど、それは永久にお蔵入りにして、もうこんなおばかにかかずりあうのはやめようと思う。

さらば、スシ婆!あなたはKY女王だ。

--------

時事ドットコム

 【ニューデリー24日時事】小池百合子防衛相は24日、滞在先のニューデリーのホテルで記者団に対し、27日に予定される内閣改造に関し「テロ対策特別 措置法延長をしっかり実現してくれる人にバトンタッチしたい」と述べ、続投は望まない意向を明らかにした。その理由として海上自衛隊イージス艦の情報持 ち出し事件を挙げ、「防衛省内で責任をどなたも取っていない。この点でわたしは責任を取りたい」と説明した。
 小池氏は「情報保全という大きな課題が本当に意味をなすためにきっちりとした体制でやってもらいたい。人心を一新してほしい。そこ(情報保全)を任せられる人に大臣になってほしい」と語った。さらに「わたしは辞めると言っているのよ」と述べた。