宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

パジチリぶんご君.その2

昨日の動きは下記リンク先を参照して

反対派からの状況報告 辺野古から緊急情報
マスコミ報道 Yahoo!ニュース―普天間基地移設問題
政府の見解 久間大臣会見概要

久間大臣の会見は誤解を恐れずに言えば面白い。「反対派」のリーダーやヘッドクォーターは必見。防衛省がなにを考えているのか。どこからどこまでがタテマエで、どこにホンネやネライがあるのか。マスコミはなにを見落としているか。相手を知ることは重要だと思う。私なりに近い内に、それらを整理して報告します。

辺野古現地でがんばるみなさん。ほんとうにごくろうさまです、頭が下がります。こんな時点で、ぜったい死なないでね。命だけは投げないで。止めるためには、まだ先があるのだから。
事業者および請負業者、「官庁間協力」のみなさん。ほんとうにごくろうさまです、なんちゅう政府だ、なんちゅう政治だ、と思っているかたもいるでしょう。変えるためになにができるか私もいっしょうけんめい考えたいと思います。

ということで、今日も一日が始まる。
私は昨日も書いたけど、今日は一日、あらゆる外部からの情報をシャットアウトして、たまっているものを「処理」します。そのつもりです。そうしたいと思います。できるだけそうします。しなければならない…、あぁ、あぁ、ナンクルします。

-------

Bungokun2_5 この現況調査は
環境アセス法とは別の調査というのが、防衛省の言い分だが
とっても苦しい

守屋事務次官
昨年と今年、開催された措置協議会で
アセスの手順を丁寧に説明し
全体の概略工程も図表化して説明している

アセス手続きの中で
専門家の意見を聞き調査手法に反映しながら
行なわなければならない調査を
闇雲に強行している

佐藤那覇防衛施設局長だって記者会見で
本来ならアセス手続きの中でやるべき調査だって
認めているんだから

あぁ、だれだよ
無法な調査を強行しようとしているのは
環境影響を懸念する世界中の人々を“妨害”しているのは

それは政府(防衛省)でしょ

しかし
アセス法が権力的ではないザル法だからといって
こんなにも「証拠」が出揃っている
政府(防衛省)の無謀を

無謀者の言い分そのままを
報道し続けるマスメディアは

少し考え直してもらいたいね

いまからでも遅くはない
マスコミのみなさん

ジャーナリストとして権力の暴走を止める
みなさんの仕事ぶりをみせてほしい

国会で強行採決ばっかり続くからといって
世の中すべてがそうなっていくのって恐ろしくない?

自衛隊って「軍隊」だよ「軍隊」
彼らは上に命令されたらなんだってやらなきゃいけないんだよ
こんな出動を命令しているやつらに問題ない?
いいの、こんなんで

う~ん
お友達の新聞記者はみんないいやつばかりなんだがなぁ

あきらめずに
がんばっていこうね

ということで、今日こそは仕事を進める。

---

バナーやマンガを持っていってくれた人は、メールで一報いただけるとうれしい
たずねていきます
ぶんご君!の4コマストーリーのネタも提供してくれたらうれしい
おっさんはあと1・2回(現段階ではゼロ)で枯渇しそう:)