宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

アセス法違反調査に自衛隊出動

---------

13:10追記
沖縄テレビ自衛隊掃海母艦出向のニュース
自衛隊を動かすのに、動く前日に、“可能性はあるかも分からない”はないでしょう、官房長官。なんちゅうクニだ。なんちゅう政治家たちだ。以下、テレビニュース記事。

20070511120262a 海上自衛隊掃海(そうかい)母艦「ぶんご」が今日横須賀港から沖縄近海にむけて出港しました。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は、来週にもはじまるキャンプシュワブ周辺海域での事前調査の為の機材設置作業を支援するものと見られています。

普天間基地の移設にむけて、那覇防衛施設局ではキャンプシュワブ周辺海域で、先月から事前調査の準備作業に着手していて、本格的な調査に向けて、来週にも調査機器を海底に設置するものと見られています。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は、ゴムボートや空気ボンベ、潜水員をのせた後、きょう午前8時30分頃横須賀港を出港したということです。掃海(そうかい)母艦「ぶんご」は沖縄近海をめざしていて、来週にも行われる調査機器の設置を支援するものと見られています。防衛施設局の事前調査で海上自衛隊が関与するのは極めて異例な事です。

------追記ココまで

自衛官動員の顛末

自衛隊動員のNEWSは、シオザキ官房長官が昨日の記者会見で否定してみせたらしい。
しかし、自衛官の身分を施設庁に移して「潜水士」として調査にあたらせる可能性なら、あることを示唆したらしい(今朝の琉球新報朝刊での情報)。

おそらく、そのような話し(潜水士うんぬん)を、防衛省か官邸の誰か日テレの記者にリークして、書かせたということなのだろう。

民間ダイバーに任せておけないほど、危険な業務なんだね環境調査というのは(笑)。人為的な危険(反対派の妨害)を想定しているのだろうけど、アセス法も無視して行なおうとすることに無理があるのであって、自衛官動員はいずれにしても禍根を残すことになる。

これ以上は、私が現段階で詮索しても無駄なので、いまは考えないでおこう。

問題は、民間業者に委託した調査業務に、自衛官を投入するいうことは、業務契約のあり方として適切であるか。はたまた、自衛官が投入されなければな らないほどの「危険」な業務を民間業者に委託したことは適切だったのか。調査そのものの、手続き的な不備はないか、道理的な矛盾や無理はないか。自衛官 (たとえ施設庁への出向という形をとるにせよ)に命じる任務として、適切な任務なのか。もろもろだろう。ここいらへんは、国会議員の先生方のチェック機能 に任せよう(任せて大丈夫なのかと不安もあるが、こちとら食うために忙しいのだよ、ねっ)。

@アセスに入れない、蛇と蛙のにらみあい

ところで、こんなアセス法違反の調査を強行しようとしているのは、なぜか。
事業者がアセスに入れないからである。なぜアセスに入れないのか。
県知事が納得していないから事業計画が確定しないからである。

事業計画が確定しないというのは、アセス法以前の問題(戦略アセスや複数案アセスはありうるが、この10年以上も行政府は事業アセスしか考えていない)である。

県知事や市長も入った「措置協議会」で建設計画はオーソライズされることになっている。それは協議会の設置要項に協議事項として位置づけられている(末尾参考)。

であるから、ナカイマ県知事は、少し言いすぎではないかと思われるほど
強気で「アセスは認めん」と豪語できるのである。

Koutei 守屋防衛事務次官が、第3回協議会(1月19日)で説明した概略工程表によると、現在は環境アセスの手続きを進めているはずだ。

しかし、環境アセスに入るには、建設計画がなければならず、それを協議会でオーソライズしなければならない。県知事や市長が現行案には反対としているかぎり、協議会を開くことすらできないのである。

であるから、防衛省はアセス法違反を承知(那覇防衛施設局長は「本来なら」という言い方でアセス手続きの中で進めるべき調査だと認めている)で、事前調査を強行しようとしているのである。

県も市も国も、いずれのお役所も、堂々と世間様に説明できる状況ではない。
蛇と蛙のにらみあいである。いや、にらみあっているようで、県は 堂々と事前調査は事業者が自主的にやることと認めてしまっているし、にらみあってすらいやしない。政治マターと行政マターが混在して、蛇同士が絡み合って いるというところかもしれない。しかし、それは蛇同士ではない、どちらか一方は明らかに蛙である。

このような状況を見据えた上で、市民としてのロードマップをつくる必要がある。
無謀な調査を止めさせる現地の動きと、無謀な建設そのものを止めさせる世論の喚起(民衆への働きかけ)の両者が必要である。

【参考】
いずれも内閣府沖縄担当部局のホームページ

普天間飛行場の移設に係る措置に関する協議会設置要項(平成19年1月19日改正)
普天間飛行場の移設に係る措置に関する協議会―開催状況

------

一昨日からの自衛官動員NEWSで、仕事が手につかず、困っている(嘆)。
今日、これからできるだけ挽回する。

このブログのアクセス解析をみると、昨日は、200を超えて、ユニークユーザーも100に迫っている。
ここ最近は増えて平均が100アクセスでユニークユーザー50ぐらいになっていたが、昨日は少しビックリした。
アクセス数を励みに頑張るブロガーの気持ちがわかる(笑)。

落選後の私を心配している、友人知人家族への個人的な近況報告も兼ねて更新頻度を増やしているが、少しは、読者を意識せねばと思うようになっている。

読んでくれて、ありがとう。