宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

日貢議席

オキナワの参院補選は自公の候補者が当選した。
県知事は選挙期間中に応援弁士として
「首相に議席をプレゼントしよう」と発言していたが
オキナワはアベシンゾーへ議席を《貢いだ》のである。
琉球王国朝貢貿易ならぬ、日貢議席本に議席)である。

国会での強行採決続きや、あまつさえ
教科書から集団自決を消されて、それでもなお
オキナワは、あぁ、オキナワはである。

新基地建設問題は、この選挙結果で大きく変わることはない。
昨年の名護市長選挙、県知事選挙の結果で方針は出ている。
宜野湾市長選挙を伊波さんが勝利したのは大きい。
あらゆる登場人物がアフォばっかりという事態は避けられた。

「台所」をどん底に陥れているのは誰なのか
あたしゃ最近にわか主夫をしてて痛感する
そのことをわかりやすく伝えることができていればね

「格差是正」意味はわかるが少し他人行儀なことばだね
反自公陣営は、ことばへの距離感や感受性が
独りよがりになっていないか、要チェックだろうね

参院補選は過去最低投票率で自公勝利
宜野湾市長選は14年ぶりに60%を越える投票率で伊波氏勝利
この違いもしっかりおさえて考察すべきだろうな

知人は、「サルでもブタでも自公候補なら勝利する」と
名護市長選挙・県知事選挙を正しく喝破したが、いつまで続くのか…
今度知人にそういわれたら答えようと思う

「だからよぉ、アイコー(蟻んこ)でもさぁー」


…誰がサルで、誰がブタなのか、問うなかれ。

(追記)

Img128380_2県選管発表の市部最終投票結果。

我が名護市の保守ぶりは健在。
伊波氏が市長選勝利した宜野湾は、補選では自公が勝ってる。宜野湾市民の投票行動の誘引はなんだったんだろう。政策論争が成立していたのかな?

投票率がもう少し上がれば、名護市以外は違う結果が出せたかもしれない…というのはあまいか?

沖縄の野党勢力は、野党協力を深化させる方向で大至急「総括」しなければならない。間違っても、馴れ合いや内輪もめで有権者をウンザリさせないこと。…むりかなぁ?