宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

秋晴れ

 本日は秋晴れ、クーラーをつけずに事務所の窓を開け、メールチェックをしたり、やるべきことがらの段取りをボーっと考えている。

 書く(考える)べき原稿2本のための作業。
 市議の任期終了にあたっての事務処理。
 膨大な資料の整理整頓。
 「ぶりでぃ」の企画書作成。
 市議選結果を受けてのご挨拶。
 仕事のための営業

 何やらやることはいっぱいだけど、文化財調査や防衛庁の急ぐ姿勢を看過するわけにもかないので、問題点を整理し、新聞投稿でもしなければとも考えている。

 午前中は、事務所の片付けでもしながら、優先順位を考えて、ひとつずつ取り掛かっていこうと思う。

 昨晩、久しぶりにT君とある場所で同席。元気そうでなによりだった。
 政治に関る先輩たちといろいろ話したが、県知事選挙勝利に向けて、どのように闘うことができるか、時間との勝負でもあり、ジンブン勝負でもある。私は私の役割を引き受けていこうと思っている。

 昨日の夕方は、ゆかりとモモ(5歳)が姉家族が来ているので実家に遊びに行き、さんご(12歳)と哲夫(11歳)と私の三人がお留守番だったので、腹減ったことを確認しあい、久しぶりに一緒に料理して楽しんだ。ピーマンとにんじんとポークの少々とろみがかかった中華味の野菜炒め。クルクン入りのレタスサラダは哲夫とさんごが作り盛り付け、哲夫がドレッシングを作った。完成する頃に、我々の晩飯の心配をして一人戻ってきたゆかりが一緒になりました。とてもおいしくいただきました。