宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

一般質問

 3日〆切の一般質問を2日の午後には提出して、順番を決めるためのくじ(名護市議会は一般質問の順番をくじで決める。ちなみに質問時間は質問答弁すべてひっくるめて1時間ある)を引きました。運が良いのか悪いのか、30番中29番。私の一般質問の順番は、一般質問最終日(14日)の最後(午後1時30分)になりました。
 他の議員の質問内容もみましたが、財政問題など近似する内容も多くおおいに参考になります。最終日であることを活かして、できるだけ実のあるやりとりができるように努力したいと思っています。いずれにしても、これから総論総花的に多岐にわたった質問要旨を整理し重点化する作業が必要です。そうでなければ、文句ばかり言って「ヤマー散らした」ということになりかねない:)
 いまは、現在と将来の市民のために「行革」をどうしていくか、そのことにいい形で収斂していければと考えています。
 私の一般質問通告内容は下記の通りです。

一般質問通告書
■質問の事項
施政方針から市政全般についておたずねします。
■質問の要旨
1.「財政の健全化に鋭意努力しているところ」(1頁13行)とありますが、具体的な努力と成果をおたずねします。
2.「特に教育・福祉の分野においては後退を許されない」(1頁20行)とありますが、決算統計を他市と比較すると扶助費等が抑えられている印象を受けるが、現状認識についておたずねします。
3.「(北部振興後期5年の)期間に本市の基盤整備をしっかりと仕上げる」(1頁24行)とありますが、前期5年の評価についておたずねします。
4.名護十字路に整備・建設としている「クロスロードパーク」「ニュービジネスが展開できる総合的なオフィスビルや市営住宅」(2頁21行)の概要をおたずねします。
5.「(普天間飛行場代替施設について)県内及び国内外の動きを注視するとともに、…慎重に対応」とありますが、現在の動向の認識と、具体的対応についておたずねします。
6.「恵まれた自然を守るための環境保護」(5頁8行)をどのように実現していくのかおたずねします。
7.「老朽校舎の改築」(8頁4行)がいわれていますが、現状と計画についておたずねします。
8.「市民の生涯を通じた学習意欲の高まり」(8頁12行)の認識を示しつつ、《北部生涯学習推進センター》について言及がないのはどうしてかおたずねします。
9.「北部医療の後退がないよう最大限の努力」(10頁8行)とありますが、〈小児医療のあり方〉〈産婦人科〉等の具体的問題にどう対応するのかおたずねします。
10.「自立的な経済構造への変化を目指した施策を実施」(13頁1行)とありますが、現在の名護市の経済構造をどのように把握・認識しておられるかおたずねします。
11.「行政情報の提供が重要」(16ページ1行)との認識を示しておられるが、認識と実態(市のホームページの内容等)の乖離が著しいのはなぜかお尋ねします。
12.「電子市役所の基礎である一人一台のパソコン整備」(16ページ9行)とありますが、整備状況はどうなっているかおたずねします。
13.「第3次名護市行政改革大綱の検証、見直し等を実施し新たな行政改革の推進」(15ページ17行)とありますが、現段階での行革の成果及び評価についておたずねします。

以上