宮城康博blog

沖縄・自治・徒然…Ten Thousand Light-Years from Home

岐路に立つ沖縄

沖国大の佐藤学さんと元朝日新聞の佐藤拓と三人でmailのやりとりを数年続けている。数ヶ月に一回は、実際に会って居酒屋あたりでウダウダ四方山を語り合う。基本的に私が貧乏で尚且つヒキコモリなもんだから、いつもお二人には迷惑をかけている。落ち合う居…

西普天間住宅地区の国際医療拠点計画について

詳しく情報を追いかけているわけではないので、これから書くメモは正確さに欠くだろうことと、それゆえ私の推察は大いに的を外すかもしれない。 西普天間住宅地区のことである。 国際医療拠点 キャンプ瑞慶覧(西普天間住宅地区)は来年(2015)3月に返…

「戦争できる日本」へ事態危惧—佐藤学

下記は、琉球新報掲載(3月31日)の佐藤学さんの時評。Web上には出ていないので新聞から書き写しFacebookにノートしていたのだが、重要な指摘なので、ここにも置いておく。 ------- 「戦争できる日本」へ事態危惧クリミア・尖閣・フォークランド 2014年3月3…

陸自の宮古配備調査に理解求める 防衛副大臣

防衛副大臣が、宮古島市を訪れ陸自の配備について理解を求めたらしい。 陸自宮古配備調査、理解求める 防衛副大臣 | 沖縄タイムス+プラス 新聞記事を読む限り、水面下でこの話は相当進展していて、今回の副大臣訪問で表立ってのスタートを切るということの…

県知事選や諸々のこと徒然に

今日はいい天気。少し考えていることを徒然と書いておく。 県知事選挙のこと 日米両政府の共同声明や諸々の動向を考えれば、11月の県知事選挙で辺野古新基地建設を拒否する県民意思を示すことは最重要課題。時流の流れは仲井眞vs翁長に集約されていくだろう…

とりあえず引っ越し完了

何か忘れている物もあるかもしれないが、あまり時間もかけてられないので、書き出したやつをインポートだけしました。 あまり過去の投稿を熱心に整理する気はないので、ほったらかしになるはずです。 長く続けてると、ときどき必要な事柄を確認したり思い出…

沖縄を恒久的に海兵隊の島とする

辺野古新基地計画が具体的に進行して行く中で、2001年2月に沖縄県議会は全会一致で「海兵隊」を名指しで削減要求決議している。当時は、名護市をはじめとした市町村議会も同様の決議を行なった。 あの海兵隊削減決議は、ひとつのメルクマールとして押さ…

新たなる「沖縄戦」の戦前と沖縄と日本国政府の戦争状態の今日

4月25日に「日米共同声明:アジア太平洋及びこれを越えた地域の未来を形作る日本と米国」が発せられた。共同記者会見の席上でオバマ米国大統領が安倍政権に対して「尖閣問題をエスカレートさせるのは profound mistake(重大な過ちor深刻な過ち)」と釘を刺…

新たなる「沖縄戦」への一歩

昨日(4月16日)の辺野古埋立訴訟の被告である沖縄県の答弁・意見は、どれほどたいへんなことなのか、沖縄県の「戸惑い」を報じているタイムスの記者も県政の中の人も気づいていない。 起こったことは、「沖縄戦」への大きな一歩なんだ。1972年の復帰後も、…

辺野古埋立承認問題について

沖縄県議会が開会中だが、仲井真県知事の詭弁を弄す姿は異常でさえある。本人が自らの言っていることが詭弁ではないと思っているなら、かなり重症であり知事職に留まり続けるのは沖縄にとって何一ついいことはない。 【公約違反について】 12月27日の埋立承…

名護市長選挙—市民の懸命なる判断を願う。

名護市長選挙の投開票日が19日にある。 1997年に名護市民がおこなった新基地建設の是非を問う市民投票後の市長選挙としては5回目の市長選挙である。 前回当選した稲嶺進さんの再選なるか、新人で同問題にはずっと推進の立場で行政に関わってきた末松文信さ…

仲井真県知事は「県内移設」を承認した

12月27日に、知事公舎で行なわれた県知事の辺野古埋め立て「承認」表明のコメントを読む。 --- 去る3月22日に沖縄防衛局から提出のあった公有水面埋立承認申請については、所要の審査を行った結果、現段階で取り得ると考えられる環境保全措置等が講じられ…

名護市長選挙や新基地建設の埋め立て申請の件など諸々

表題の件について、書きたいこと書かなきゃいけないこと、山積みですが、しばらくここを更新する余裕はつくれそうもない。 最近は、Facebookのウォールやノートで、頻繁にことあるごとに書き込んでいるので、そこを参照してください。Facebookをやってない方…

プロバイダーを換えるつもりなので、ブログもここに引っ越す予定。

辺野古新基地建設のための埋立申請への意見書

下記の意見書を書くには、 http://shinkichihantai.tumblr.com/ ←このページを参照した。埋立申請書へのリンクや諸々が充実している。 私は長い間関わってきたせいで意見したいことが山ほどありすぎて、冗漫で長くなってしまったが、箇条書きで短い意見書で…

沖縄にも内務省はRAAを作ったと、橋下は歴史を創造する。

橋下が「慰霊の日」に沖縄に来て、招待もされていないのに警備上の都合とやらで招待席に座っていたことは既に触れた。その後、下地幹郎らのグループが主催する講演会で何やらしゃべったらしいことが報道されていたが、琉球朝日放送のニュース動画でその中身…

68年目の6.23と安倍首相あいさつと沖縄の現在と

6.23「慰霊の日」が昨日あった。 沖縄戦から68年目だという。 6.23は沖縄戦を仕切った大日本帝国軍の司令官が自決した日。その日を境に「組織的戦闘」が終焉したかのように記録/記憶され、この日が「慰霊の日」として祈念されている。当の司令官は自決の前…

地中からドラム缶

敬愛するzuさんが、私にではなく、特定の誰かにでもなく、私とのやりとりのなかで言った。Tweetするなはてブ(経由)しろ facebookするなブログ書け名言だなぁ と思ったのでここに記しておく。 * 沖縄市のサッカーグラウンドの芝生の張り替え工事で、地中か…

「本土の沖縄化」について

「本土の沖縄化」という言葉(ツイッターでみかけたのだが、いちいち出典は探さない)が気になるので、少し考えたことを記しておく。 この言葉には歴史がある。1972年の米国から日本国への施政権返還前後にも「本土の沖縄化」という言葉は流通した。大江健三…

「県外移設」誤謬:補遺

私は「県外移設」要求が間違っていると断定する気はない。それが「オール沖縄」の要求だというのは誤りだということを指摘している。 自明のことだが、「県外移設」ではなく日米安保破棄で基地閉鎖だというのも「オール沖縄」などではない。 つまるところ、…

「オール沖縄」で「県外移設」という誤謬

沖縄の大多数が普天間基地の県内移設に反対しているという事実に、よけいな雑音を入れたくないので少々気が重いが、「オール沖縄」で「県外移設」という言葉に疑義を差し挟んでおく。 ■ 「オール沖縄」という語は抽象的で、異論がある沖縄の人々からは全体主…

埋め立て申請が出された(追記あり)

■置き捨て、拾われ、進んでいく 3月22日午後3時40分頃、沖縄防衛局は沖縄県北部土木事務所に埋め立て申請書を提出した。担当でない部署に突然運び込み「名乗らず、名刺も置かず、立ち去るまでわずか1、2分」という姑息な早業だったという。その直後、県…

沖縄県名護市への新基地建設計画に係わる公有水面埋め立てについて(追記あり)

何かしなければと思い、下記要望を作文し先ほど送信した。e-Govを使い「内閣官房・防衛省・外務省・環境省・内閣府」宛に。抗議や要望のための「電話」も自分にはハードルが少し高いという人にはおすすめ。→e-Gov ■ 2013年3月11日 ー 内閣総理大臣・防…

SFのSはSlapstick、SFのFはFusion。

2月は、tumblrのノートに池澤夏樹の朝日新聞コラムについてメモを残したりしたんだが、ここには何も書けなかった。ブログの記事など、編集者が存在しているわけでもなく自分勝手に考えていることを綴るだけだが、どこか/なにかに向けて書いている自分がい…

沖縄は安保が許す〔余分〕の中の自治と振興を超えれるか

琉球新報2013.0117/2面「透視鏡」(ウェブに記事が公開されたらリンクを貼ります) --「難しい情勢なので、できるだけ県民の理解を得られるように努力したいからよろしくお願いします」 「県民を納得させてください」■ 前者が日本国の防衛大臣で、後者が辺野…

1.27 NO OSPREY 東京集会 於:日比谷野外音楽堂

「オスプレイ配備撤回!普天間基地の閉鎖・撤去!県内移設断念!東京集会!」2013年1月27日(日) 午後3時~ 日比谷野外大音楽堂 集会のあと、銀座でパレード。 沖縄県全41市長村の首長、議長が参加する前代未聞の集会になりますので、ぜひぜひご参加くださ…

What a Wonderful World

Never thought this view would make me so happy! by my old world on Flickr. ■ What a Wonderful World (George Weiss / Bob Thiele)この素晴らしき世界I see trees of green, red roses tooI see them bloom, for me and youAnd I think to myself, wh…

「沖縄は日本から独立したほうが幸せではないのか」について

通販生活2013年春-1月5日、上記の画像をFacebookで知り、下記コメントを附してシェアした。■このような問いが「米軍基地を本土に戻す方法」として思い浮かべたということが真実なら、本土のあなた方には在沖米軍基地を受け入れる余地があるということでは…

友よ

photo:yuri.kitano.77 1997年に「大事なことは市民みんなで決めよう」と名護市民投票を行ない、それまでアクチュアルな政治に深入りする気などさらさらなかったのに、投票結果と違う意思決定を市長が行なうものだから深みはまってここまで来てしまった。 201…

「普天間飛行場の辺野古移設を断念し県内移設なき即時返還を求める(要望)」

12月25日、退任する森本防衛大臣が閣議後の記者会見で、普天間基地の辺野古移設について「軍事的には沖縄でなくても良いが、政治的に考えると、沖縄がつまり最適の地域である」と発言した。⇒防衛省・自衛隊:大臣会見概要 その発言を受けて、宜野湾市選出の…

パレードがゆく。人々の波は絶えずして。

今年は年末年始の県庁からはじまり、いろんなことがあった。 ほんとうにいろんなことがあったが、締めくくりに、パレードがあった。 ■ 年末年始の県庁行動は、平和運動センターや既存の運動体ではなく、市民有志によって主体的になされた行動であった。もち…

安倍総裁の「辺野古移設」方針について

自民党の安倍総裁が「辺野古移設」を進める方針に言及した。 -毎日新聞 12月21日(金)19時55分配信 自民党の安倍晋三総裁は21日、山口県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「基本的には(名護市)辺野古に移設して いく…

12.23 御万人大行動(うまんちゅパレード)

↓私の脳内で流れてるテーマソング。 YouTube: ヒヤミカチ節ー登川誠仁

辺野古アセスの最終である「補正評価書」について

■ 2012年12月18日。沖縄防衛局はまたしても姑息に、環境影響評価に係る膨大な書類を沖縄県庁に不意打ちで運び入れ逃げていった。―ー姑息、不意打ち、逃げていった。搬入5分前に突然連絡し、職員20名でさっさと運び入れる行為はそう呼ぶしかない。沖縄防衛局…

総選挙の沖縄選挙結果について雑感

2012.12.16.衆院選があった。沖縄の選挙区の結果は、自民が三つの選挙区を取り戻し、社民が一つの選挙区を死守した。名護市辺野古への新基地建設に反対し続け、政府の壁の厚さにうんざりし、政権交代に期待し裏切られ、どたばたして今日に至るだが、これから…

盗人猛々しい普天間基地と、恭順の意を示す宜野湾市長と

画像は、2012年9月29日、普天間基地全ゲートが封鎖された際の「市民広場」のゲート。民衆が車両で封鎖後、米兵がゲートを開けようとしもみあいになったときのシーンである。(普天間3ゲート、車で封鎖 米兵、市民引っ張る - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域の…

野嵩ゲートの拳銃

毎朝、大山ゲート前での行動をなされている宮里洋子さんから写真が届いた。洋子さんが久しぶりに行った野嵩ゲート前での朝のスナップである。ゲート警備に従事している警察官が腰に拳銃を携帯している。警察官は宜野湾署の署員だという。 ■ 現在、普天間基地…

『普天間を封鎖した4日間』

本の紹介です。下記は出版社のサイトからのコピペ 〓普天間を封鎖した4日間2012年9月27日~30日宮城康博・屋良朝博 著●四六判 112頁●2012年12月1日発行●本体価格1100円●ISBN 978-4-87498-498-7 沖縄中の“怒り”をよそに、10月1日、沖縄に強行配備されたオス…

普天間をとりもどすために

9.30以降、これからどのように非暴力直接行動で普天間返還を成し遂げるかディスカッションを続けていたメンバーで「オキュパイ普天間」を結成した。立ち上げ時のメンバーは四人。友人の平良夏芽。ブログ「辺野古浜通信」や諸々の活動をやっている仲渡尚史。…

諸般の報告2012.11.14

諸般の報告 普天間基地・野嵩ゲート前に掲げられていた「警告看板」は、昨日(13日)米兵により撤去された。ブログやFBなどで問題視されていた事柄を受けて、昨日(沖縄タイムス)今日(琉球新報)と新聞報道が相次ぎ、国会でも照屋寛徳衆院議員が取り上げる…

INTERNAL SECURITY ACT OF 1950―冷戦の遺物との対峙

2012年9月27日の野嵩ゲート封鎖から始まり、28日の大山ゲート。そして29日、沖縄を直撃する大型台風のさなかに普天間基地の全ゲートが民衆により封鎖された。29日から30日まで、1945年沖縄戦時に米軍が民衆を収容所に閉じ込めている間に土地を強奪して造っ…

強奪基地『普天間』を撤去返還せよ(2)

国際法に違反し沖縄の住民から私有財産を略奪し造った基地を、まるで現品供給させて対価を払いましたよと国際法(ハーグ陸戦法規)を根拠に「第一次接収」を正当化する盗人猛々しい米軍。 講和条約発効後は米軍が一方的に出す布告・布令で土地を取り上げてい…

強奪基地『普天間』を撤去返還せよ(1)

宜野湾市役所ホームページより転載 ー Wikipediaの「普天間飛行場」で信じられない説明がなされている。―基地の周りに住宅地が密集している状況については、二つの側面がある。ひとつは、普天間基地の周辺は沖縄戦での激戦地区で、戦後は、日米両軍の不発弾…

「解決策は基地撤去」

PHOTO:仲渡 尚史 「野嵩ゲート前」2012.10.19 集中しよう。今回の事件を受けて米軍は夜間外出制限という常套手段としかいえない措置を講じてきた。23時から翌朝5時までの禁止措置にどれほどの効果があるかは疑わしいどころか、総員命令が出ている期間はさす…

普天間を閉鎖撤去させ土地を返してもらう

- 断固として米軍を叩き出すべき。犯罪や不幸を利用してではない、それを未然に防ぎたく懸命に抗議し主張しているにも関わらず、無視されオスプレイ配備強行までされて、文句を言いつつ現状を受け入れていることで我々は係る状況を補完することを徹底して拒…

故郷から10000光年

──離脱! 恐怖! 彼は突きとばされ、取り残された──ありえない境に落ちこみ、わけもわからぬままに捨てられた、二度と想像すべくもないメカニズムの想像を絶する崩壊によって、場違いといえばあまりにも場違いなところに迷いこんだ男──途方に暮れ、打ちのめ…

見えない鎖でぐるぐる巻いて全部さよなら

— — 「座り込みは排除されたけど、基地の周りは見えない鎖でつながれたようだ。」 — — 「人々の笑顔があふれていた沖縄は『閉鎖された島』になってしまった」米軍普天間飛行場のゲート前で、オスプレイの配備に反対する市民らの抗議行動を目にした米海兵隊員…

沖縄の全基地閉鎖へ!—Al la fermo de la usonaj militaj bazoj en Okinawa

写真:宮里洋子 オスプレイ強行配備への沖縄の抵抗は創造され継続されている。9.30普天間基地の全ゲートが民衆により封鎖された。日本政府は国家権力が独占する暴力装置を使い、民衆を排除しゲート封鎖を抉じ開けた。ゲート封鎖を破られた民衆は、国家の剥き…

「野嵩ゲットー」を弾劾しオスプレイに留保なき拒否を

米海兵隊普天間航空基地、野嵩ゲート、9月30日。私たちは沖縄県警機動隊によって有無を言わさず拘束され隔離され監禁された。私たちとは誰か、MV22オスプレイの沖縄への強行配備に反対する私たちである。沖縄の全自治体議会が反対決議/意見書を可決し、新…

0928-30普天間飛行場大山ゲート&野嵩ゲート

今日は10月1日。岩国基地から飛び立ったオスプレイは、午前11時過ぎに次々と普天間基地に着陸した。これからを考えるためにも、ここ数日を簡単に振り返っておく。 0928/大山ゲート 朝8時半頃、相方の運転する車で子どもを保育所に送りながら、そのまま私は…